テーマ:伝統芸能

地域振興の一翼を担う「調布市民歌舞伎」

例年、3月半ば~下旬には、調布市民歌舞伎が開催されます。 これは、調布市の歌舞伎教室に通う生徒さんたちが旗揚げしたもので、その地域に昔ながらに伝わる「地芝居」とは性質が異なるもの。 具体的に、どの辺りに違いがあるのかというと…… 「生徒さんたち」がいるからには、「先生」もいるわけですが、まずこの先生が、現役の歌舞伎役者であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回 歌舞伎検定受験の巻~3級リベンジ編~

去年哀しくも不合格となってしまった歌舞伎検定3級にリベンジすべく、今年もまた明大前へ。 年に一度、明大前に出向くのが儀式となりつつあります(笑)。 お天気に恵まれたポカポカ陽気でなによりでした。 今年は併願者が多かったのか、駅から向かう道に受験者の姿が異常に少なくて焦りました。 順調にコマを進めている人は今年は2級チャレンジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀治郎の会@国立劇場

本家・澤瀉屋の「義経千本桜」に、時代劇の「上州土産百両首」の二本仕立て。 ●スポットはこちら 「義経千本桜」の四ノ切は、猿之助四十八撰〟の一番の代表作。 であるのに、この方一度も澤瀉屋の四ノ切を観たことがなかった私は、実はとんでもなくモグリな歌舞伎ファンなのでは…(汗)。 初めて澤瀉屋の舞台を観たのがスーパー歌舞伎だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月歌舞伎鑑賞教室@国立劇場

感想を結論からいうと、「初心者でなくとも見るべし!」 2年ぶりくらいの鑑賞教室参加でしたが、どんどんパワーアップしているような 演目は、「鳴神」という超オーソドックスチョイスですが、解説の「歌舞伎のみかた」が目玉イベント! 宗之助さんが、鳴神を題材にして歌舞伎を体系的におもしろおかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年代の歌舞伎の襲名&初お目見得

歌舞伎検定の受験対策用にまとめたものを、せっかくなのでアップします。 誤りがあったらご指摘頂けると嬉しいです。 金太郎くんは4代目だったのね…間違えた←調べた意味なし <襲名> 2001年 坂東八十助→10代目坂東三津五郎 2002年 尾上辰之助→4代目尾上松緑       中村松江→2代目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回 歌舞伎検定受験の巻~3級編~ 問題一部掲載

ということで、受験して参りました。 昨日の真冬のような寒さと打って変わり、ポカポカ日和で何よりでした 結論から言うと、4級に続いてまたしてもボーダーラインに乗ってしまった感触…(笑)。 これ、合否発表までハラハラ心臓に悪いのですよね。 そんな勉強の仕方しかしない自分が悪い。 自業自得ってやつですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京乱噂鉤爪―人間豹の最期― @国立劇場

江戸川乱歩の長編ミステリー『人間豹』を題材とした<乱歩歌舞伎>。 舞台を昭和初期から江戸時代末期に移し、幕末動乱の京都を舞台に明知小五郎vs人間豹の対決を描きます。 まず、原作を読まずに未開の地に踏み入れた身としては、読んでいった方が格段に楽しめるだろうと感じました。 効果音や照明をふんだんなく盛り込み、セ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回歌舞伎検定 受験申込締切間近!!

昨年に新設された歌舞伎検定。 ご当地検定がはやる中、なんともマニアックな検定が登場しました(笑)。 (今では、メイド検定などさらにマニア受けする検定が続々とお目見えしているようですね) 昨年は第一回を受験し、無事に4級をゲット♪ ■第1回歌舞伎検定の問題はコチラ 引き続き、今年は3級を受験予定です。 歌舞伎大使で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第十五回 稚魚の会・歌舞伎会 @国立劇場

国立劇場歌舞伎俳優研修修了生・既成者研修発表会。 例年、夏真っ盛りのこの時期に、国立劇場小劇場にて行われています。 いつもはベテラン俳優も混ざってビシっと締めるこの公演ですが、今年からは「より若手のための勉強の場とする」をテーマとし、参加俳優を募ったそうです。 確かに、例年にないニューフェイスの姿がちらほら。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七十七年会―昭和52年生まれの男達― @矢来能楽堂

77年生まれの若手能楽師たちが熱い舞台を繰り広げるこの企画、2回目となる今回の公演は7/20(祝)、7/21(土)の2日間に渡って行われました。 当公演は、演能の前にワークショップがついた、初心者でも楽しめる親しみやすい舞台。 2日間、ワークショップから仕舞、狂言、能まで全て内容が異なるため、両日通うとより能について理解が深まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NINAGAWA十二夜@新橋演舞場

簡潔なストーリー、少数精鋭の登場人物、早替わりの妙技、散りばめられたコメディ、豊かな色彩、心地よい音楽に、鏡のキラキラ……。 次から次へと驚かされる、和洋折衷の玉手箱!! 誰もが楽しめる、爽やかラブロマンス キラキラ演出 幕が開くと、なんと全面ガラス張り!! 客席がそっくりそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四月大歌舞伎~歌舞伎座さよなら公演~

『彦山権現誓助剱』 ― 毛野村 ― <お園のクドキ×からみ> お園(中村福助)は、武芸に長けた女性=「女武道」。 ようやく出会えた許婚の六助を前に年相応にキャピキャピしながらも、かかってくる悪党と一対一で対戦し、指一本触れさせません。 必死に攻撃する悪党に、軽々とかわすお園。 あまりの強さに笑いすらこみ上げてしまいま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歌舞伎入門~イヤホンガイド(耳で観る歌舞伎)~

イヤホンガイドは「耳で観る歌舞伎」。 上演中、ピンポイントで舞台上の情報を流すサービスです。 シチュエーション、配役、唄の訳、みどころ、台詞の訳などを、瞬時に解説して教えてくれます。 常に受信機を携帯し、片耳にイヤホンをはめていなければならないため、「それがわずらわしい!」という人もいますし、逆に「これがないと観劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獨道中五十三驛-猿之助十八番の内-@新橋演舞場

場面転換がとてもスピーディーで、本当に東海道を一人旅しているような臨場感に溢れていました。 水もしたたるイイ男♪ 山肌の険しい箱根の関。 背景の大道具が割れると、そこには本水がゴウゴウとけたたましく流れ落ちてきます。 場内にひんやりとした空気が漂い始めるや、流水の中での大立ち廻りが繰り広げられま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎入門~“歌舞伎のいろは”はこの本で~

「歌舞伎を観てみたいけど、その前に“歌舞伎のいろは”のわかる本を一読したい!」 という人にオススメなのが、『市川染五郎と歌舞伎へ行こう!』。 染五郎さんのエピソードを通じて、歌舞伎の世界のイロハが読みやすく集約されています。 ●「チケットの買い方」「歌舞伎座の説明」「舞台機構の解説」「チラシの見方」などは、歌舞伎に足を踏み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎舞踊「達陀(だったん)」

いよいよ、東大寺の修二会が始まりましたね。 さて、この「お水取り」を題材にした歌舞伎舞踊が存在します。 その名も『達陀(だったん)』。 =梵語で「火の苦行」 ◆解説 昭和42年2月歌舞伎座にて初演。 作・萩原雪夫、監修・平岡定海、振付・藤間勘齋(二世松緑)。 振付師の松緑が「お水取りを舞踊化したい」と発案し、作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎入門~観劇のファッション~

歌舞伎を見に行くのに、何を着ていこうか悩む人が多くいるようです。 殊にお洒落に敏感な女性は、選択肢も多くて悩んでしましますよね。 考え方は2通りあると思います。 非日常の世界に足を踏み入れるのだから、とびきりお洒落して行きたい! もともと歌舞伎は庶民の娯楽だったのだから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎入門~観劇当日の心得(終演後)~

●終演後 (1)場内が混み合う 一同がいっせいに席を立つため、ロビーや階段が大変混みあいます。 観劇後の興奮から気もそぞろとなっていますので、落し物や忘れ物には十分注意しましょう。 (2)お手洗いが混み合う 悲しいかな、終演後も長蛇の列です。 比較的空いているところを探すか、諦めて別の施設のを拝借するか……状況に応じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎入門~観劇当日の心得(休憩時間)~

●休憩時間(幕間まくあい) (1)休憩時間の使い方 多くの劇場の場合、舞台袖の壁面に休憩時間をアナウンスする時計が掲示されています。それを目安にして行動してください。 休憩時間は短いものと長いものとがあります。 ●~15分は小休憩 ●20分~は食事休憩 と認識しておくと良いでしょう。 小休憩の場合は座席を立たな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎入門~観劇当日の心得(上演中)~

●上演中 (1)上演中は物音や臭いに注意する 歌舞伎公演の多くの場合、座席でも飲食が可能となっています。 だからといって、幕が開いても食事を続けるのは音や臭いが周囲の人に迷惑になります。 また、静まり返った場面では飴やガムの包み紙の「ちょっとした音」すらも、場内に響き渡ってしまうことがあります。 もちろん、乾燥で喉が痛くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎入門~観劇当日の心得(開演前)~

今日は待ちに待った観劇の日♪ 興奮でぐっすり眠れなかった人もいるかもしれません。 ですが、遅刻はご法度!! 開演後でも座席に通してくれますが、演目によってはしばらく扉の外で待つ場合があります。 また、ほかのお客さんの観劇の妨げにもなります。 遅くとも開演30分前には劇場に到着できるように、余裕を持って自宅を出ましょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初春花形歌舞伎 昼の部~ナマ海老様のにらみ~

新春らしい華やかな演目揃いです。 ■口上 海老蔵さんの「にらみ」は何度見ても迫力満点でたまらない! まさに錦絵そのもの! これだけでも一見の価値アリです。 「今年一年間無病息災で過ごすことができます」の言葉通り、ご利益がたっぷりありそうです。 新年早々の縁起ものが嬉しい限り。 襲名披露の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一回 歌舞伎検定4級~合格証書到着~

11月24日に実施された歌舞伎検定4級に合格しました! 送付状に合格証書と合格証、そして歌舞伎座筋書き割引券が同封されたA4封筒は、なかなかのボリューム。 点数は、全80問中69点でした。 まあまあの出来…… 復習したくとも、どこが間違えたのか判らないのが困りものです。 誤答表を添付して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七拾七年会―昭和五十二年生まれの男達― 於矢来能楽堂

観世流能楽師・武田文志さん率いる当会。 その名の通り、1977年生まれの能楽師たちが集結した公演です。 毎年忘年会と称して、朝までお能について語り倒しているという彼ら。 「呑んでいるくらいならお能をやろう」という文志さんの一声で発足したとのことです。 メンバーは以下の6名。 武田文志さん、武田宗典さん、小寺真佐人さん、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎入門~『歌舞伎検定公式テキスト』のススメ~

これから歌舞伎を観ようと思っている人、あるいは観るようになったけれどイマイチ演目について理解が浅い……という人! そんな人には、『歌舞伎検定公式テキスト』がお勧めです。 これまでの歌舞伎入門書に比べ、演目の解説・あらすじが格段にわかりやすく、また端的にまとめられています。 演目に関してだけでなく、歌舞伎の歴史、主要な歌舞伎用語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一回 歌舞伎検定 ~4級受験の巻(問題一部掲載)~

さんさんと冷たい雨の降る中、歌舞伎検定を受けてきました。 思いのほか若者が多く、老若男女バラエティー豊かな試験会場。 割合的に女性優勢だったでしょうか。 歌舞伎人気の幅広さとファンの熱心さを実感。 問題は非常にマニアック(笑)。 ・歌舞伎の歴史に関する問題は数問。 ・演目に絡めた問題が8割ほど。 ⇒作者、筋、登…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第3回 江戸文化歴史検定~3級・2級受験の巻~

江戸検定。 初受験にして、3級・2級を併願。 どうしてまたそんな強行に走ったのかすっかり失念していましたが、受験料が安くなるためというセコイ理由でした。 ■受験の感想 3級⇒高校の歴史程度の知識を問われるレベル。 多少記憶があいまいでも、消去法で何とかなります(笑)。 公式テキストを隅々まで読み込んで理解しておけば、楽勝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歌舞伎入門~観劇当日までの準備~

無事にチケットを購入したら、観劇当日までにちょっとばかり準備をしましょう。 (1)観る演目のあらすじに目を通しておく あらすじは、チラシの裏面や各webサイトの演目紹介のページに掲載されています。 もちろん真っ白な状態で行き、ぶっつけ本番で観るのもひとつの手です。 ですが、おおよその筋(ストーリー)を頭に入れておいた方が数倍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎入門~チケット:「受付預かり」の小ワザ~~

自分でチケットを押さえて手元に携えて劇場へ向かう場合には何の問題もありませんが、例えば、↓のようなケースがあります。 ・友人の分も一緒に購入したため当日劇場で渡す予定になっているが、開演前に会えそうもない ・上記の逆のケースで、友人が自分の分のチケットもまとめて持っているが、開演前の待ち合わせに遅れそうだ こんな時、便利な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎入門~チケット:「代理人」の裏技~

意気込んでチケットを購入したものの、急な用事や体調不良で行かれなくなってしまった! 友人知人に譲りたいけれど、郵送では間に合わないし手渡しできる距離ではない。 ――というケースがあるかと思います。 スポーツ観戦やコンサートなどの場合、こんな時は泣く泣くチケットを闇に葬るしかすべはありません。 しかし、歌舞伎公演の場合は一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more