テーマ:舞台・演劇

琉球ロマテスク「テンペスト」 @赤坂ACTシアター

わずか120年ほど前に沖縄にたしかに存在した琉球王国。 愛する国を守ろうと懸命に生きたひとりの女性と 彼女を取り巻く苦難の数々――。 王国最期の日に、彼女は何を見て、何を思うのか!? 主役に仲間由紀恵さん、ロマンスの相手役に山本耕史さん、ライバル役に安田顕さん、義兄役に福士誠治さん、と 私にとって贅沢この上ないキャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RENT(レント) 2010 @シアタークリエ

2008年に続き、2年ぶりの再演となったブロードウェイ・ミュージカル「RENT(レント)」。 今年の主役は、舞台や映画に活躍中の若手成長株、福士誠治くん。 最初彼が抜擢されたと知ったとき、正直オドロキを隠せずにはいられませんでした。 なにしろミュージカル初挑戦の彼、あの長台詞をじょうずに音に乗せるという独特な演技ができるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムサシ@彩の国さいたま劇場

歴史に名高い「巌流島」の対決の後日談を、コメディタッチで描いた作品。 故井上ひさし氏脚本、蜷川幸雄氏演出という注目のタッグ。 武蔵に藤原竜也くん、小次郎に勝地涼くん、ヒロイン役に鈴木杏ちゃん。 昨年は小次郎役に小栗旬くんが抜擢されて話題になりましたね。 前半・後半に分かれ、合計3時間弱の長めのお芝居。 正直たい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クローサー(CLOSER) @池袋芸術劇場

医師のラリー(眞木大輔)、フォトグラファーのアンナ(辺見えみり)、作家のダン(福士誠治)、ストリッパーのアリス(佐藤江梨子)…男女4人が織り成す大人のラブドラマ。 コメディー要素も含みつつ、昼ドラ風味な展開。 男女の激情シーンが非常にけだるく、観劇後は疲労感に襲われます。 が、切なくピュアで温かい気持ちにもなれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗読活劇 レチダ・カルダ 司馬遼太郎が描いた日本のヒーローたち@増上寺

幕末期を中心とした歴史小説に名高い司馬遼太郎の作品「燃えよ剣」を題材に、語り手とフラメンコギターと歌との異色のコラボレーションもの。 <夕暮れ時の増上寺&東京タワー> 語り手:要潤 演奏・フラメンコギター:沖仁 カンテ・歌:高岸弘樹 増上寺の特設舞台での上演ということで、雰囲気たっぷりに幕末タイムスリップを楽しめる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七拾七年会―昭和五十二年生まれの男達― 於矢来能楽堂

観世流能楽師・武田文志さん率いる当会。 その名の通り、1977年生まれの能楽師たちが集結した公演です。 毎年忘年会と称して、朝までお能について語り倒しているという彼ら。 「呑んでいるくらいならお能をやろう」という文志さんの一声で発足したとのことです。 メンバーは以下の6名。 武田文志さん、武田宗典さん、小寺真佐人さん、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イッセーオカダ 「空箱」

岡田義徳さんと高橋一生さん。 演技派役者ふたりの非常に気になる舞台。 ★岡田義徳さんのブログ 公演を知った時には既に遅し。 当日券は案の定完売とのことで、残念ながら見られず 岡田さんのブログによれば、解釈に困るような難解な舞台だったようですが、いったいどんな内容だったのでしょうか!? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ナツひとり―届かなかった手紙」

気づけば師走も半ばに差しかかろうとしています。 年の瀬の名物・紅白歌合戦の豪華出演者と司会者が発表されましたね。 司会は、史上稀に見る2回目のコンビの中居正宏さんと仲間由紀恵さん。 仲間さんといえば、「ナツひとり―届かなかった手紙」を思い出します。(2007年11月@新橋演舞場) NHKドラマ「ハルとナツ」の続編で、ナツをメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★シアタークリエ★

各線日比谷駅から、徒歩5分圏内という便利さ。 ★公式サイト 全600席余りの中規模な劇場です。 ホテルと、ショッピングビル(シャンテ)が併設。 そのためか、独立した劇場とは若干構造が異なっています。 まず、入り口を入ると、1Fはチケット窓口と受付のみ。 その奥手には、無料のロッカーが並んでいます。 座席はやや手狭な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RENT(レント)

日比谷・シアタークリエにて、RENTが行われています。 ブロードウェイ・ミュージカルの日本語版。 ★公式サイト ★シアタークリエの記事 ミュージカルといえば、台詞のやりとりの途中で突然歌が始まりハーモニーで盛り上がる、という流れがお決まりパターンですが、このRENTは台詞がほとんどなく驚くほど歌だらけ。 中には「そこは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キエフ・オペラ 『トゥーランドット』

総勢200名が来日し、10月から全国津々浦々を回っています。 ■ぴあ 近場に来てくれるのはとてもありがたいですね! 本場モノを気心知れたホールで観るというのは、少々不思議な気分にもなりました。 さて、“歌舞伎はオペラに通ずるものである”と、どこかで聞いたことがあります。 ぜひ観たいと思いつついつしか月日が流れてしまい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Wicked(ウィキッド)』~ネタバレ~

劇団四季のミュージカル「Wicked」(ウィキッド)。 昨年から、電通四季「海」劇場にて公演が行われています。 http://www.shiki.gr.jp/applause/wicked/index.html 誰もが知るあの、「オズの魔法使い」のサイドストーリー。 生まれつき魔法の力を持つエルファバと、魔法のセンスはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『から騒ぎ』~彩の国シェイクスピア・シリーズ第20弾~

ご存知、世界のNINAGAWA(蜷川)氏が演出を手がけるシェイクスピア・シリーズ第20弾。 最新作は、全ての役を男性俳優が演じる“オールメール・シリーズ”の「から騒ぎ」。 実力派若手俳優陣が、シェイクスピア喜劇をどう演じるのか注目です! ★「から騒ぎ」サイトはこちら★ ★彩の国さいたま劇場の記事はこちら★ 文字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★彩の国さいたま劇場★

JR埼京線・与野本町から線路添いの商店街を抜け、幹線道路を歩くこと5分ほど。 交差点の角に突然、近代的な建物が目に飛び込んできます。 一般的なホールのほか、音楽ホール、映像ホールという多彩なホールに、稽古場や練習場まで完備したオールマイティーな劇場。 今日は、そのほとんどの練習場がフル回転していたようです。 建物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more