第3回 江戸文化歴史検定~3級・2級受験の巻~

江戸検定。
初受験にして、3級・2級を併願。
どうしてまたそんな強行に走ったのかすっかり失念していましたが、受験料が安くなるためというセコイ理由でした。

■受験の感想
3級⇒高校の歴史程度の知識を問われるレベル。
多少記憶があいまいでも、消去法で何とかなります(笑)。
公式テキストを隅々まで読み込んで理解しておけば、楽勝だと思います。
欄外の「注」部分の出題率が高そうです。

2級⇒かなり掘り下げる!
江戸時代300年弱の年表を頭に叩きこみ、かつ史実やそれに関わった人物を正確に記憶しないと点が取れないレベル。
「公式テキスト+αの江戸本」での対策が必要そうです。
江戸時代を端から端まで好きになれない人には、やや苦痛を伴う内容と思われます。

■今年のお題「大奥」
NHK大河ドラマ「篤姫」と大奥ものの時代劇を観ていれば、ほぼ解けるレベル。
+αで大奥本に目を通しておけば難しくはない内容だと思います。

受験会場は、明治大学駿河台キャンパス。
かの有名な高層ビル・リバティータワー。
大学というよりも、もはやオフィスビルのような近代的な構造に圧巻でした。

周辺の神保町では、ブックフェスティバルや古本まつりが開催されており、活気に溢れていました。
さすが本の町・神保町。行く先々に本屋さんが軒を連ねています。

趣味的検定にしては受験料が若干お高めという印象が否めませんが、受験するだけで特典を得られるのは嬉しいはからい
受験後にはお土産として、「幕末江戸大絵図」を頂けました。
江戸の地図に、当時の事件や人物に関わる場所を示し、JR在来線と地下鉄の路線を加えたという逸品!
……正直、受験前に欲しかったです(笑)。
画像


また、特設会場に行って受験票を提示すると、抽選に参加できました。
受験票が2枚あった私は2回引かせてもらい……なんと!!
“合格証書無料お仕立て券”をゲット~~♪
とはいえ、合格していなければまったく意味がないものです。
どうか利用できますように……!!
画像


この受験票は、ほかに大江戸温泉物語の割引券としても使えるようになっています。

さらに受験終了後に出題されたばかりの問題の解説を聞くことができる「おさらい講座」も実施。
さらにさらに、この講座に参加すると、後日に開催される対談イベント(江戸の文化と庶民の暮らし)への招待券をもらえたようです。

いやはや、こんなに至れり尽くせりの厚待遇に、逆に恐縮してしまうほど

ちなみに、お土産の地図は紙袋に入った状態のものを配布されたのですが……。
この紙袋のインパクトの凄まじさに、思わず吹き出しそうになりました
A3判のビッグサイズで、両面に浮世絵がどアップにプリントされており、なおかつ「江戸文化歴史検定」という力強い文字。
宣伝力、訴求力、これに勝るものなし!!
この浮世絵紙袋が幾多も神保町の街を浮遊するさまは、ちょっと滑稽でもありました(笑)。
画像


■戦績(予想)
3級はギリギリ合格ライン
2級は完敗

事前の知識は大奥と歌舞伎のみ。
前日に、公式テキスト「大江戸見聞録」を流し読みし、前回の過去問「江戸吟味問答控」を一通り解き、手元にあった大奥のトリビア本をざっと斜め読みした程度、という何とも対策不足な状態での受験だったので、当然の結果でしょう
受験会場には、分厚い歴史本や大奥本を手に熱心に勉強する姿が多く見られ、改めて江戸人気の高さを窺い知ることができました。
画像


またひとつ、素敵な刺激をもらった1日でした

■追記(11/17)
本日突然、江戸文化歴史検定l協会より封筒が届きました。
採点通知にしては薄い…まさか不合格!?
恐る恐る開封してみると、そこには「お詫びと訂正」の文書がありました。

なんでも、2級の出題問題に関して、不適切な箇所があったために、この2問については全員正解とさせる
とのこと。
該当の問題は↓
【5】http://edoken.shopro.co.jp/news/news_081117_a.html
⇒時代劇では一人称を「わし」と言っていましたが、それ自体が間違いなのですね(笑)。
私には、どの選択肢もアリなように思えてしまいました…。

【20】http://edoken.shopro.co.jp/news/news_081117_b.html
⇒「大事そうなお役目をふたつも任されていたとは、たいそうな役職ねぇ!」
とよぎった程度で、事前知識の薄い私には、問いの不適切さにすら気づきませんでした(笑)。

出題者もうっかりミスしてしまうくらい、2級は正確な知識を必要とするものだと改めて実感!

この記事へのコメント

こうちゃん
2009年11月25日 10:10
最近の検定試験ブームはすごいと思いませんか
2009年11月25日 23:03
>こうちゃん様
コメントありがとうございます。
確かに、突如として検定ブームが到来しましたね!
ついつい乗せられてしまっています(笑)。